主に3つのメリットがあります

グラフ

商品先物取引には、3つのメリットがあります。1つ目が売り、買いどちらかでも参加が出来ると言う点です。金やトウモロコシ等購入した商品が値上がりしても、値下がりしても利益をゲットするチャンスがあります。市場を取り巻く環境を、気にする必要はありません。2点目が、少額の資金で大きな取引きが行えるという点です。総取引金額の数%程度の証拠金を、予め入れておく必要があります。総取引金額が大きくなるにつれ、損益も大きくなります。投資効率の良さも、商品先物取引のメリットだと言えるでしょう。3つ目が、短期間で利益を得やすいという点です。なかには短期間で、大きく値動きする銘柄もあります。値動きを徹底的に分析すると、短期間で巨額の利益が得られるかもしれません。

売買価格の差が、損失や利益に直結します

商品先物取引には、主に2つの特徴があります。1つ目が、差金決済取引であるという点です。トウモロコシや金、原油等の商品を購入した後取引が終了するまで、モノを持ち続ける事が出来ます。実際売買が行われる行うシーンでは、ギリギリまでに転売し取引を終了させるケースが殆どだと言っても過言ではありません。売買価格の差が、ダイレクトに利益や損失へと反映されます。商品価格が値上がりするか、値を下げるかを自分自身で予想し利益を狙わなくてはなりません。値上がりするだろうと判断すれば、購入します。値下がりするのではないかと判断した時は、売却しなければならないのです。株取引やFXと同様に、売却から取引を開始出来るのは大きなメリットだと言えます。

巨額の利益を狙えます

2つ目がレバレッジを生かした場合、少ない資金で巨額の利益を狙える点です。資金効率の良さは、FXや株式投資等他の追随を許しません。少ない証拠金で、様々な商品を売買出来ます。不況が厳しくなればなるほど、注目を集めるのが金です。ゴールドバーを1kg購入する場合、凡そ400万円程度用意しなければなりません。ところが商品先物取引で同量の金を取引する際には、10万円程度用意すれば事足ります。買い、売りどちらからでもスタート出来るというメリットもある為、取引希望者が続出しているのです。とは言うものの、ビギナーがいきなり取引を始め巨額の利益を得るのは、極めて困難だと言わざるを得ません。初心者の方向けに、最初は取引金額を少なく抑えられるミニ取引というサービスが提供されています。金自体は取引量が多く、値動きを予想する為のデータが得やすい事もあり、始めやすいかもしれません。